介護士さん腰痛解消シリーズ②朝イチ腰痛の原因とその治し方。ストレッチ





こんにちは。神戸市垂水区okada鍼灸整骨院院長の岡田です。



さて、かなり投稿が空いてしまいましたが「介護士さん腰痛解消シリーズ」今日はそのパート②です。




介護職での腰痛のお悩み、その中でも




「朝起きた時に腰がツラい」




いわゆる「朝イチ腰痛」でお悩みのかたへ、効果的なおすすめのケアを動画を交えてご紹介していきます。




もし、あなたが思い当たるならぜひ最後までご覧いただきお役立てください。



※パート1をまだご覧になっていないかたは下のリンクからどうぞ


https://okada-hari-seikotsu43.com/?cat=203


介護士さんに多いお悩み、朝イチ腰痛




介護職と言えばやはり腰に負担のかかるお仕事ですので、普段から腰の疲労感は感じている、という介護士さんは沢山おられると思います。



ただでさえ腰痛リスクの高いお仕事。腰の疲労は次の日まで持ちこすことなく、朝は万全な状態で目覚めたいところですよね。



ところが最近、お仕事の後だけでなくだんだんで朝まで腰が痛くなってきた…



ベッドや布団から起きる動作はもちろん、顔を洗う時にも腰痛がでてくる始末。



このようなキッカケで当院へ来院される介護士さんがとても多いです。


介護士さんの朝イチ腰痛の原因は「反り腰」にあった




一言で朝イチの腰痛といっても色々とパターンがあるわけですが、その中で特に多いのが、



あお向けになるとツラい、

あるいはそれが続くと腰痛が出てくる



というケース。



今日のケアは、あお向けの状態で目が覚め、そこから起き上がる時に腰がツラいというかたにおすすめな内容です。



そして、このパターンの朝イチ腰痛の原因が「反り腰」なのです。



あお向けがツラい朝イチ腰痛では、腰が必要以上に反ってしまっているかたがとても多いです。(特に女性)



試しに、もしあなたが今横になれるならあお向けで寝てみてください。



・何となく、腰のあたりがベッドとか布団からちょっと浮き上がっているような感じ。

・腰と布団の間に手がスポッと入ってしまう、または手を入れると楽。

・両足を伸ばしているより両膝を立てた方が腰が楽になる。



このいずれかに思い当たるなら、



あなたの朝イチ腰痛はやはり反り腰が原因である可能性が高いです。


介護士さんの朝イチ腰痛の治し方。3つのストレッチ




じゃあ、その反り腰を治すにはどうすれば良いの?



ということで、今日ご紹介するのがお腹の奥の筋肉をゆるめる2種類のケア、そして太ももの前の筋肉のストレッチ1種類、の合計3つのストレッチです。



腰が反る原因というのも色々あるのですが、


意外にも腰そのものではない「お腹」「太もも」の緊張が反り腰の原因として多いのです。



さて、ここから先、じっさいのケアの方法については下の動画でご説明していきます。



※3分39秒あたりから始まります。



ぜひ最後までご覧いただき、あなたの朝イチ腰痛解消にお役立てください。






(監修:柔道整復師・はり師・きゅう師 岡田英士)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。