保育士さん膝の痛み解消シリーズ②鵞足炎編後編




こんにちは。

神戸市垂水区のokada鍼灸整骨院、院長の岡田です。



前回に引き続き、今回も「保育士さん膝の痛み解消シリーズ」



パート②である今日は、



鵞足炎(がそくえん)を解消

する基本のケア 後編



になります。



※前編をまだご覧になっていない方は下のURLからどうぞ。


https://okada-hari-seikotsu43.com/?cat=215



保育士さんの膝のお悩みで多い、膝の内側の痛み。



その中でも「鵞足炎」という症状・痛みに効果的なケアをご紹介しているのが、この2回シリーズ。



もしあなたも、鵞足炎と診断されていたり、鵞足炎に思いあたるなら、ぜひ両編ともご覧いただき役立ててもらえればと思います。


まずは鵞足炎についてのおさらい




※前編をご覧になった方は、ここは飛ばしていただいて結構です。



まず、鵞足炎についてですが、下の画像の赤丸の部分が「鵞足」、

その部分の痛み(炎症)があると、一般的に鵞足炎というふうに診断されます。





あなたが赤丸を見て、「あっ正にそこが痛い」となったり、



この円の中に指で押して痛いところがあれば、やはりあなたの膝の内側の痛みは、鵞足炎である可能性が高いということになります。



そして、鵞足炎の原因はというと、



この鵞足にくっついている3つの筋肉、太ももの内側を走る



縫工筋(ほうこうきん)

薄筋(はっきん)

半腱様筋(はんけんようきん)



という筋肉が何らかの理由で硬くなり、鵞足にストレスをあたえ炎症となってしまう、



というのが主なメカニズムです。



そこで、前回の前編ではその3つの筋肉をマッサージでゆるめる方法をご紹介しました。



そして、後編である今回はストレッチ。



3つの筋肉をストレッチでゆるめて鵞足のストレスを減らし、鵞足炎を解消しましょう、という内容になっているわけです。


保育士さんの膝の痛み解消。鵞足炎へのストレッチ

※この写真はイメージです



それでは、具体的なストレッチの方法については下の動画をご覧ください。



※3分59秒あたりから始まります。






いかがでしたでしょうか?



ぜひ、今回のの鵞足炎シリーズを、あなたの膝の痛み解消にお役立てください。



そして最後に。



これはいつもお伝えしていることですが…


もちろん今回のケアは効果的です。



ですが、もし今のあなたの膝の痛みがで、すでにかなりキツい状態、お仕事や生活に支障が出ているレベルなのであれば、



やはり、早めに治療を受けた方がいいというケースが現実的にあります。



そのようなツラい状態の場合、それを放置だけはできるだけして欲しくないなと常々思っておりますので、



もし近隣で信頼できる先生がおられるなら、その先生のもとでしっかり治療を受けていただく。



あるいは、当院は神戸市垂水区にありますので、もしあなたの膝の痛みがなかなか楽にならないということでしたらいつでもご相談ください。



それでは、本日も最後までご覧いただきありがとうございました。



一日も早く、あなたのお悩みが解消されることを願っています。





(監修:柔道整復師・はり師・きゅう師 岡田英士)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。