保育士さん膝痛解消シリーズ④しゃがむとツラいを解消するマッサージ




こんにちは。

神戸市垂水区のokada鍼灸整骨院、院長の岡田です。



さて、今回も引き続き「保育士さん膝痛解消シリーズ」



膝の痛み、お悩み、その中でも、



膝が痛くて

しゃがむのがツラい



という方に向けて、効果的なケアを動画を交えてご紹介していきます。



※同シリーズの別のケアは下のリンクからご覧ください。


https://okada-hari-seikotsu43.com/?cat=215




前回は、しゃがむ時の膝の痛みに対して、膝の関節をゆるめる、お風呂でのストレッチをご紹介しました。



そして、今回はマッサージ。


お皿と太ももの前の筋肉をケアすることで、しゃがむ時の膝の痛みを解消していく方法です。



ぜひ、最後までご覧いただき、膝のお悩み解消に役立ててもらえればと思います。


しゃがむ時の膝の痛みとお皿・太ももの筋肉の関係




今回のケアは、上の画像の赤丸のように、しゃがんだ時に「膝の前側」が痛い、ツラい方に効果的なものとなっています。



皆さん、膝がツラいとなると「骨」や「軟骨」が悪くなっている、と思われる方が多いと思います。



ですが、実は筋肉の硬さが原因となっているケースがたくさんあり、



最近では「膝の痛みの半分以上が筋肉由来の症状である」というお医者さんまでおられるくらいなのです。



そして、ひとがしゃがむ動作をする時は、大前提として、膝の「お皿」太ももの前の筋肉がしっかり動く必要があります。



つまり、今回のマッサージは、しゃがむ時の膝の痛みに対して、「まずはココ」という、基本のケアとなっているのです。


保育士さんの膝のお悩み。しゃがむと痛いの解消マッサージ

※この写真はイメージです



それでは、具体的なマッサージの方法は下の動画でご覧ください。



※2分20秒あたりから始まります。






いかがでしたでしょうか?



前回と今回の「しゃがんむと膝が痛い」に対するケアを、あなたの膝のお悩み解消にぜひお役立てください。




そして最後に。


これは定期的にお話していることですが…



確かにご紹介したケアは効果的なものです。



ですが、万が一あなたの今の膝の痛みが、お仕事だけでなく生活全般に支障がでているレベルなのであれば、



やはり、現実的には、専門家のもとで早めに治療を受けておいたほうがよいケースがあります。



そういったツラい状態を、できるだけ放置だけはしてほしくないな、と常々思っていますので、



お近くで信頼できる先生がおられるなら、早めにしっかり治療を受けていただく。



あるいは、当院は神戸市垂水区にありますので、膝の痛みがなかなか楽にならない、とお悩みでしたらいつでもご相談ください。



本日も最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。



一日でも早く、おなたの膝のお悩みが解消されることをお願っています。




(監修:柔道整復師・はり師・きゅう師 岡田英士)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。