腰椎椎間板症の解消。基本の体幹トレーニング、その1




こんにちは。

神戸市垂水区のokada鍼灸整骨院、院長の岡田です。



さて、前回の記事に引き続き、



腰椎椎間板症(ようついついかんばんしょう)

に効果的なケア



腰椎椎間板症と診断された方の中で



ツラい腰痛のピークは過ぎて、あるていど仕事も生活もできているけど、そこからなかなか楽にならない…



という方に向けて、



腰椎椎間板症の腰痛の解消におすすめな、お腹のトレーニングを2回シリーズでお届けしていきます。



※他の腰椎椎間板症シリーズは下のリンクからご覧ください。


https://okada-hari-seikotsu43.com/?cat=219




パート1である今回は、



腰の痛みには、まずコレ、というくらい大切で基本的な体幹トレーニング、「ドロー・イン」を動画をまじえてご紹介していきます。



ぜひ今回の2回シリーズをご覧いただき、役立ててもらえると嬉しいです。


腰椎椎間板症の解消なら体幹トレーニング

※写真はイメージです。



今回ご紹介するお腹… いわゆる体幹のトレーニングの一つであるドロー・イン。



長年腰痛を患っている方でしたら、おそらく1度は耳にしたことがあるかもしれませんね。



ドロー・インは、お腹の奥にある「腹横筋:ふくおうきん」という筋肉を鍛える、基礎的な体幹トレーニングです。





腹横筋は、コルセットのように、お腹まわりを横にグルっと巻いている筋肉であり、



このインナー・マッスルを鍛えることで、



文字通り「筋肉のコルセット」として、腰の椎間板の負担を減らせるようになるのです。



一般的な腰痛に比べ、改善まで時間がかかることが多い腰椎椎間板症…



その解消への近道は、痛んでしまった椎間板に負担がかからない状態を作れるかどうか、にあります。



方法自体は決して難しいものではないので、ぜひコツコツ続けてください。


腰椎椎間板症の解消に。ドロー・イン



それでは、ドロー・インの具体的なやり方については下の動画でご覧ください。



3分08秒あたりから始まります。






いかがでしたでしょうか?



次回は2つ目の体幹トレーニング、「ブレイシング」をご紹介していきます。



ぜひ、そちらも合わせてご覧いただいき、あなたの腰椎椎間板症の腰痛解消にお役立てください。



それでは、本日も最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました




(監修:柔道整復師・はり師・きゅう師 岡田英士)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。